巨乳妻 立花れん – アダルトビデオ動画 – 無料

女王様の調教
女王様の調教

続きをみる





















ロングセラーレーベル「人妻.com」遂に100弾めのリリース!完全撮りおろし!バスト100センチ、Hカップの超巨乳人妻・れんが夫の背負った借金のせいで見知らぬ男たちに巨乳をいたぶられ顔や口内、膣内にまでザーメンを大量放出されてしまう!「お願い!私の事は好きにしていいから夫を外に出して…」「何言っているんだ奥さん、だんなの前でハメたほうが興奮するだろう!」


★★★★★

ボーイフレンド(仮)に登場するキャラクターとその声優さんを教えてください


立花れん/閲覧:741回/回答:2回
ボーイフレンド(仮)に登場するキャラクターとその声優さんを教えてください


ベストアンサー


周圭斗(あまねけいと) CV.立花慎之介
西園寺蓮(さいおんじれん) CV.福山潤
鳴海雅人(なるみまさと) CV.横山遵
日向湊(ひゅうがみなと) CV.高橋孝治
若桜郁人(わかさいくと) CV.鳥海浩輔
雨宮久遠 (あめみやくおん) CV.武内健
鷺坂柊(さぎさかしゅう) CV.櫻井孝宏
皇アラン(すめらぎあらん) CV.高梨謙吾
穂高夏生(ほだかなつき) CV.竹内栄治
遊馬百汰(あすまももた) CV.水島大宙
如月斗真(きさらぎとうま) CV.西田雅一
白川基(しらかわもとい) CV.杉山紀彰
宮ノ越涼太(みやのこしりょうた) CV.村田太志
向井和樹(むかいかずき) CV.川原慶久
桃越ハル(ももこしはる) CV.鈴村健一
芳屋直景(よしやなおき) CV.花江夏樹
真山恭一郎(まやまきょういちろう) CV.森川智之
桜澤瑠風(さくらざわるか) CV.代永翼
芹澤悠吏(せりざわゆうり) CV.浪川大輔
現時点でわかってる人達です。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

同和問題に詳しいかた。 誤解を恐れずに言いますが、なぜ関西に同和地区が多いので…


立花れん/閲覧:5199回/回答:3回
同和問題に詳しいかた。 誤解を恐れずに言いますが、なぜ関西に同和地区が多いのでしょうか。関ヶ原が原因?
関東育ちなので詳しいことを知らないので教えてください。


ベストアンサー


部落関係者による自作自演の事件が
成功した地域が関西に多いからです。
部落関係者は
こんな事件も起こしてました。
自分が差別されてるように演技!

立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、
2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で
発生した部落差別狂言事件。
■発端[編集] 2003年12月、立花町教育委員会社会教育課に嘱託職員として勤務する被差別部落出身男性 A (部落解放同盟福岡県連合会立花支部員、同副支部長、46歳=当時)のもとに一枚の葉書が到着した。
差出人は実在しない「立花町子ども育成会」を名乗っており、葉書の文面は
「・・・」
と、Aが被差別部落出身であることを理由に辞職を迫る内容となっていた。
Aは2002年に1年更新の臨時職員として採用され、小学生対象の自然体験塾などを担当していた。
月給は14万円程度であった。
Aはまた、部落解放同盟員としては立花支部の会計を任され、副支部長の肩書きを持ち、将来の支部長候補と目されていた。
■犯行のエスカレート[編集] 2005年3月11日にはA宅が空き巣の被害を受け、部落解放同盟福岡県連合会立花支部の積立金約70万円などの金品を盗まれ、その直後に「早く辞めさせないから手を討ちましたよ」という犯行声明的な7通目の葉書(2005年3月14日消印)が届いた。
この段階で既に、連続ハガキ犯と空き巣犯はAの狂言ではないかと疑う声が部落の中に存在したため、部落解放同盟筑後地区協議会書記長の 組坂幸喜 は単刀直入に
「あの事件はあなたがしたことじゃないんかっていう話が出とるんですよ。どうなんですか」
「あなたは立花支部の会計責任者なのに、なんで大切なみんなのお金を家にまるごと置いとったんですか」
とAを問い詰めたが、Aは涙を流しながら
「してません」
と否定し、組坂はこれを信用した。
結局、Aは会計責任者として被害金額を割賦で弁償することになったが、この約束は守られず、弁償は1円たりとも実行されなかった。
この空き巣事件を受けて、2005年3月28日、立花町人権・同和教育研究協議会(町同研)が「『人権侵害・差別はがき事件』を考える!『差別を許さない』町民集会」を立花町担い手研修センターで開催。この会の席上でAは
「みなさんのこの怒りが大きなうねりとなって犯人に届くことを願っています」
「不安と怒りの日び。だんだんとエスカレートし、実際に私の家に空き巣が入った流れを見ると、身辺に危害が加えられてきており、子どもへ危害がおよばないかが、いま一番心配で不安でいっぱいです」
「差別は命をも奪いかねません。
何も手だてしないことは、差別にじっと我慢していなさい、差別を受けたら死になさいということになる。
正しいことを伝え、これはおかしいよという立ちあがりをつなげるなかで、真に差別がなくなることを願う。
みなさんの怒りの行動が、熱として光として力になる。
1人でも多くの人をつなげ、部落差別を、あらゆる差別をなくしていこうではありませんか」
と発言し、差別をやめるよう町民に訴えた。
このころ、部落解放同盟関係者や立花町の役場の担当者や隣保館関係者を交えた対策会議の席上で、Aは「空き巣犯とハガキ犯は同一人物」という推理を展開した。
このとき会議の出席者は誰もがAを強く疑ったが、じっと黙っていたという。
■社会問題に発展[編集] 2005年6月11日には部落解放同盟筑後地区協議会が立花町隣保館で学習会を開催。
この会の席上、Aは
「ハガキが届いたときから家族のことや、職場をいつ解雇になるのか不安だった。
今は、地域の人や地協の同盟員に励まされ立ち直った。犯人には怒りを感じ、見つかったら強く抗議したい」
と語った。
部落解放同盟福岡県連合会は2005年8月22日、県連委員長松本龍を本部長、県連書記長吉岡正博を事務局長とする「立花町連続差別ハガキ事件糾弾闘争本部」を設置すると共に「人権侵害救済法」制定の必要性を強く訴えた。
福岡県も2005年10月、法務局や県関係機関などで構成する「福岡県立花町差別はがき事件対策会議」を設置し、県を挙げてこの事件の解決に取り組んだ。
(中略)
■急転直下[編集] ところが捜査の進展に伴い、これらの葉書や封書の差出人はA自身ではないかとの疑いが強まり、Aに対する厳しい取り調べが連日深夜まで行われるようになった。
このため、部落解放同盟中央本部執行委員長の 組坂繁之 は
「警察は狭山に続いてA君を冤罪被害者にするつもりか。けしからん」
と激怒し、部落解放同盟の顧問弁護士に助けを求めた。
2009年7月7日、福岡県警はAを偽計業務妨害の容疑で逮捕した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E7%94%BA%E9%80%A3%E…
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

差別なんかは「なくならない」もんでしょ。どれだけ、抑え込めるかで死ょ。でもねえ…


立花れん/閲覧:1719回/回答:1回
差別なんかは「なくならない」もんでしょ。どれだけ、抑え込めるかで死ょ。でもねえ、金をぶち込めば差別は解消するって考えは『おかしい』と考えませんか。同和利権の温床になっちまうね。
差別・差別と騒ぎ立てて、行政を引きずりまわすなんてのは金輪際『絶対禁止すべき』と考えませんか。
下記の事件の差別手紙なんて自作自演なんだし、解放同盟は犯人をもな除名だけで、犯人に損害は皆無なんだし、まと処分もなんも『していない』のにね。
立花町連続差別ハガキ事件 – Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/立花町連続差別ハガキ事件 –
立花町連続差別ハガキ事件
立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、2003年から 約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・ … 2003年12月、立花町教育委員会社会 教育課に嘱託職員として勤務する被差別部落出身男性A(部落解放同盟…
概要-発端-犯行のエスカレート-社会問題に発展
隠れた部落差別、今も ふるさとの料理出したら離れた客
朝日新聞デジタル 12月24日(木)13時40分配信
隠れた部落差別、今も ふるさとの料理出したら離れた客
部落差別の解消に向けて運動してきた部落解放同盟愛知県連合会(吉田勝夫委員長)が今年、結成40年を迎えた。生まれた場所などで忌避される部落差別。国や自治体に働きかけて、住環境などの改善や啓発を進めてきた。差別の実態は見えにくくなったが「様々な日常の場面で差別は残っている」と解放同盟県連幹部は話す。
【写真】住宅を選ぶ際、同和地区にある物件を避けることはありますか
名古屋市で居酒屋を経営する山本義治さん(38)は今年6月、生まれ育った地域で親しんできた料理をメニューとして紹介した。とたんに離れた客がいた。ふるさとは被差別部落とされた地域だ。
「またか。まだ差別は残っているんだな」と感じた。「出身地を恥じることはない」という信念に基づく行動だったから、メニューはそのままで「スタイルは変えない」と言う。「生身の人間を見て、つきあってほしい」
県西部の男性(40)は、小・中学生の娘2人には自分が結婚した時の体験を、まだ伝えられていない。
20代の頃、妻にプロポーズした際「できないかもしれないよ」と出身地を告白された。自分の両親には「親族の結婚の妨げになる」と認められず、家を出た。披露宴に男性の両親や親族の姿はなかった。
「結婚したい人と一緒になれたことが一番幸せ」と結婚は後悔していないが、娘たちには「いつか言わなきゃとは思う。だけど、娘の友だちやその親の反応が怖い」。
同和対策事業特別措置法に基づき、1969年に環境改善が必要な地区に指定された県内のある地域では80~90年代、約4割が共同住宅に建て替えられた。1棟で2世帯用の共同住宅が軒を連ねる。消防車も入れない狭い道は一部残るが、主な道は広げられた。
こうした状況を受け、全国地域人権運動総連合議長の丹波正史(せいし)さん(68)は「差別は全くなくなったわけではないが、部落差別の問題は大きく克服した」と話す。同団体は、解放同盟から運動方針を巡り分立した全国部落解放運動連合会(全解連)を受け継ぐ。全解連は2004年、「社会問題としての部落差別は解消した」として解散した。
だが、この地区より、隣接する他の地区の路線価は2・5倍も上回る。付近の不動産会社は「まず購入する人がいない。価格の差より価値は低い」と明かす。
07年には、被差別部落として地名などを掲載したホームページ「B地区にようこそ!in愛知県」の作成者が名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕される事件が起きた。インターネット上には今も、差別的な書き込みが絶えない。解放同盟では、書き込みを見つけるたびに削除依頼などの対応を続ける。
解放同盟県連の支部長加藤吉雄(きちお)さん(70)は、最近知り合った人に出身地を明かすと「あそこの人には見えんね」と言われた。「胸を張ってふるさとを語れないことがどれほど悲しいか。自分に置き換えて考えてほしい」


ベストアンサー


差別は無くならない。
そういうオマエの意見は、実に本質的だと思う。
俺も、この意見には同意できる。
なぜなら、人間は感情の生き物だから。
また差別意識とは、
優越意識や劣等意識というものと大いな関係があり
このような意識は、もしかしたら生物学的な要件として
人間という動物の本能に
深く刻み込まれたものなのかもしれない。
とすると、
人間という生物の本能的限界として
差別というものは、無くせないというのが本当だろうと
俺は考えている。
差別を抑え込むもの・・
現実として、今の人間社会の在り方は
差別を抑え込んでいると言える。
また、差別を抑え込むことで
時が経てば、ある要件による差別意識が薄らぐのは事実だろう。
しかし、それは、『ある要件』例えば、部落とか言う差別の要件が抑え込まれ、次第に忘れられるのであって、人間の本能の奥深くに刷り込まれた、差別感情に繋がる意識は、無くならず、新たな形式の差別が発生するだろうと思う。
**
同和利権と言うものは、
部落差別と同じくらい深刻な問題だと思っている。
俺はバカサヨクが大嫌いだが、
そのバカサヨクが行う人権ビジネス、被害者ビジネスというものは
この同和利権という問題と軌を一にしている。
立花町の自作自演の事件は、
部落問題を逆利用した確信犯的な事件であり
その根底にある意地汚さは
大変な問題だと思っている。
人権という美名をただ利用し
悪徳と化している。
この本音と建前の、異常な乖離は大問題。
本音と建前は必要であるが
建前を利用した本音というものは
本質的にナンセンスだと思う。
部落問題が完全になくなったとは思わないが
無くならない理由の一つに
同和系人権団体が、その問題をいつまでも声高に口にするからだと言える。
俺自身もそうだが、同和教育などが無かったら
部落差別というものすら知らなかっただろうし
そんなものを差別しようという意識さえ芽生えなかっただろう。
それくらい部落問題というものは
差別意識の要件としては薄れてしまったものだろうと思う。
おそらく、放っておいても、差別問題に値しないものになっただろうと思う。
確かに過去の歴史にあった差別問題を知ることは大切だが
被差別者の系譜にある人々が
差別だ!と言えば言うほど、それが目的化してしまっていると思う。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

部落について質問です。


立花れん/閲覧:1661回/回答:7回
部落について質問です。
関西の大学に来て関西の方が部落と呼ばれる地域にとても敏感であると感じました。
私は東海地方出身ですが部落という言葉はほとんど耳にすることはなく、こちらに来て初めて聞いたと言
ってよいくらいです。
関西圏の方は部落に関するの教育などされるのでしょうか?詳細などもお聞きしたいです。
気分を害された方がいたら申し訳ありません。
よろしくお願いします!


ベストアンサー


関西地域は自作自演の差別事件が成功した地域だからだよ。
マスコミも関西人もアホ。
自分が差別されてるように仕組んで
周囲から同情と哀れみと権力を求める謀略活動。
部落解放同盟は
そんな自作自演事件を起こして組織の拡大を図ってる。

立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で発生した部落差別狂言事件。
■発端[編集] 2003年12月、立花町教育委員会社会教育課に嘱託職員として勤務する被差別部落出身男性A(部落解放同盟福岡県連合会立花支部員[1]、同副支部長[2]、46歳=当時)のもとに一枚の葉書が到着した。
差出人は実在しない「立花町子ども育成会」を名乗っており、葉書の文面は
「・・・」
と、Aが被差別部落出身であることを理由に辞職を迫る内容となっていた。
Aは2002年に1年更新の臨時職員として採用され、小学生対象の自然体験塾などを担当していた。
月給は14万円程度であった[7]。
Aはまた、部落解放同盟員としては立花支部の会計を任され、副支部長の肩書きを持ち、将来の支部長候補と目されていた[8]。
■犯行のエスカレート[編集] 2005年3月11日にはA宅が空き巣の被害を受け、部落解放同盟福岡県連合会立花支部の積立金約70万円[7]などの金品を盗まれ[9]、その直後に「早く辞めさせないから手を討ちましたよ」という犯行声明的な7通目の葉書(2005年3月14日消印)が届いた。
この段階で既に、連続ハガキ犯と空き巣犯はAの狂言ではないかと疑う声が部落の中に存在したため、部落解放同盟筑後地区協議会書記長の組坂幸喜は単刀直入に「あの事件はあなたがしたことじゃないんかっていう話が出とるんですよ。どうなんですか」「あなたは立花支部の会計責任者なのに、なんで大切なみんなのお金を家にまるごと置いとったんですか」とAを問い詰めたが、Aは涙を流しながら「してません」と否定し、組坂はこれを信用した[10]。結局、Aは会計責任者として被害金額を割賦で弁償することになったが、この約束は守られず、弁償は1円たりとも実行されなかった[11]。
この空き巣事件を受けて、2005年3月28日、立花町人権・同和教育研究協議会(町同研)が「『人権侵害・差別はがき事件』を考える!『差別を許さない』町民集会」を立花町担い手研修センターで開催。この会の席上でAは
「みなさんのこの怒りが大きなうねりとなって犯人に届くことを願っています」
「不安と怒りの日び。だんだんとエスカレートし、実際に私の家に空き巣が入った流れを見ると、身辺に危害が加えられてきており、子どもへ危害がおよばないかが、いま一番心配で不安でいっぱいです」
「差別は命をも奪いかねません。何も手だてしないことは、差別にじっと我慢していなさい、差別を受けたら死になさいということになる。正しいことを伝え、これはおかしいよという立ちあがりをつなげるなかで、真に差別がなくなることを願う。みなさんの怒りの行動が、熱として光として力になる。1人でも多くの人をつなげ、部落差別を、あらゆる差別をなくしていこうではありませんか」
と発言し、差別をやめるよう町民に訴えた。
このころ、部落解放同盟関係者や立花町の役場の担当者や隣保館関係者を交えた対策会議の席上で、Aは「空き巣犯とハガキ犯は同一人物」という推理を展開した。
このとき会議の出席者は誰もがAを強く疑ったが、じっと黙っていたという。
■社会問題に発展[編集] 2005年6月11日には部落解放同盟筑後地区協議会が立花町隣保館で学習会を開催。この会の席上、Aは
「ハガキが届いたときから家族のことや、職場をいつ解雇になるのか不安だった。今は、地域の人や地協の同盟員に励まされ立ち直った。犯人には怒りを感じ、見つかったら強く抗議したい」[14] と語った。
部落解放同盟福岡県連合会は2005年8月22日、県連委員長松本龍を本部長、県連書記長吉岡正博を事務局長とする「立花町連続差別ハガキ事件糾弾闘争本部」を設置すると共に「人権侵害救済法」制定の必要性を強く訴えた。
福岡県も2005年10月、法務局や県関係機関などで構成する「福岡県立花町差別はがき事件対策会議」を設置し、県を挙げてこの事件の解決に取り組んだ。
(中略)
■急転直下[編集] ところが捜査の進展に伴い、これらの葉書や封書の差出人はA自身ではないかとの疑いが強まり、Aに対する厳しい取り調べが連日深夜まで行われるようになった。
このため、部落解放同盟中央本部執行委員長の組坂繁之は「警察は狭山に続いてA君を冤罪被害者にするつもりか。けしからん」と激怒し、部落解放同盟の顧問弁護士に助けを求めた。
2009年7月7日、福岡県警はAを偽計業務妨害の容疑で逮捕した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E7%94%BA%E9%80%A3%E…
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

同和問題は今”逆差別”のほうが問題になっている、と聞くのですが、現状はどうなの…


立花れん/閲覧:9218回/回答:1回
同和問題は今”逆差別”のほうが問題になっている、と聞くのですが、現状はどうなのでしょうか?
”逆差別”という内容は、以前テレビでやっていましたが、どこかの自治体の労務系職員だったかが病気休暇をとっていながら、パチンコ店に行っていたとか、それを追求すると逆に恫喝していたような内容だったような。
その手の話はよく聞く話ですね。”自分は弱者である(実際は弱者でもなんでもない)こと”を、逆手にとって無法なことをやっているようですね。
そういう無法職員は”同和問題”とか関係なく、どしどし懲戒免職すべきだと思います。まさか、そんなことにも民主党議員とかシンパとかが関わっていないでしょうね。


ベストアンサー


同和利権だねえ。
差別されたと騒いで糾弾という暴力をすれば、金品や地位が手に入る。
部落差別は、同和利権として存在する。差別されたと叫んで糾弾すれば金品や特権が手に入るという構図。
この利権を守るためには、偽造・捏造何でもするんだよ。
下は悪質だねえ。
立花町連続差別ハガキ事件 – Wikipedia
概要-関連項目-参考文献-脚注
立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつはがきじけん)は、2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で発生した部落差別自作自演事件。
ja.wikipedia.org/wiki/立花町連続差別ハガキ事件
Aが勤務していた立花町役場2003年12月、立花町教育委員会社会教育課に嘱託職員として勤務する被差別部落出身男性A(部落解放同盟福岡県連合会立花支部員[1])のもとに一通の葉書が到着した。差出人は実在しない「立花町子ども育成会」を名乗っており、葉書の文面は
部落のあなたが、子どもを指導してくれますと、子どもに部落が伝わります。子どもを体験塾に参加させたいのですが参加させられません。社会教育課をやめてください[2] と、Aが被差別部落出身であることを理由に辞職を迫る内容となっていた。Aは2002年に1年更新[3]の臨時職員として採用され、小学生対象の自然体験塾などを担当していた[4][5]。
犯行のエスカレート [編集] 2005年3月11日にはA宅が空き巣の被害を受けて金品を盗まれ[6]、その直後に「早く辞めさせないから手を討ちましたよ」という犯行声明的な7通目の葉書(2005年3月14日消印)が届いた。これを受けて、2005年3月28日、立花町人権・同和教育研究協議会(町同研)が「『人権侵害・差別はがき事件』を考える!『差別を許さない』町民集会」を立花町担い手研修センターで開催。。
2005年6月11日には部落解放同盟筑後地区協議会が立花町隣保館で学習会を開催。この会の席上、Aは
「ハガキが届いたときから家族のことや、職場をいつ解雇になるのか不安だった。今は、地域の人や地協の同盟員に励まされ立ち直った。犯人には怒りを感じ、見つかったら強く抗議したい」[8] と語った。
2006年12月7日、福岡県会議員吉村敏男(民主党福岡県連副代表)が福岡県議会で初めてこの問題を取り上げ、福岡県知事麻生渡に「県内においても八女郡立花町において、二〇〇三年十二月から町職員に対し、同和地区出身者であることを理由に、仕事をかわるように、辞めるように要求する匿名はがきが連続して送りつけられる極めて悪質な差別事件が発生しています。
現在、立花町や関係機関により、解決に向けた取り組みがなされていますが、今なお事件解決のめどは立っておらず、いっときも早い解決が強く望まれます。
そこで知事に伺います。県として立花町差別はがき事件に対する取り組み、さらには人権、同和問題解決に向けて啓発の一層の取り組みが重要と考えますが、見解をお聞きします」と質問した[10]。
2006年12月21日には、福岡県教育長森山良一が「部落差別の実態に学ぶ」とりくみとして立花町を視察[12]。2006年末から2007年初頭にかけて犯行は拡大し、同じく被差別部落出身の職員Bのもとに「次はあなたの番よ!」「明けま死んでおめでとう」という葉書が送りつけられた。
Aは「差別脅迫事件」の被害者として部落解放同盟主催の人権フォーラムに出席[19]すると共に「連続差別ハガキ事件、あなたを捜し出し、糾したい!」と題する講演を公民館でおこない、自らの受けた被害を大々的に訴えて同和問題の啓発にあたり[20]、その都度講演料を手にしていた[14]。そして、この事件は立花町役場のウェブサイトにも「今なお身近に残る部落差別の深刻さ」の象徴として紹介された[21]。
ところが捜査の進展に伴い、これらの葉書や封書の差出人はA自身ではないかとの疑いが強まり、2009年7月7日、福岡県警はAを偽計業務妨害の容疑で逮捕した。2009年1月に自らに宛てて送った背中に注意[23]が最後(44通目)の葉書となった。
Aは「すべて自分が送った」と容疑を認め「被害者になれば町が嘱託の雇用契約を解除しにくくなると思った」と供述した[25]。逮捕の決め手となったのは、ある葉書からAのものと思われるDNAが採取されたことだったと伝えられる[26]。
2009年7月28日、福岡地方検察庁八女支部はAを偽計業務妨害罪で福岡地方裁判所八女支部に起訴した[27]。立花町は「町に対する町民の信頼を損なわせた」との理由により、7月31日付でAを解雇した[27][28]。
9月に行われた初公判(秋本昌彦裁判官)で、Aは起訴事実を認めた[28]。10月13日に行われた論告求刑公判で、検察側は「あたかも被害者のごとく振る舞い悪質。長期間にわたり、町行政を混乱させてきた」と述べ、懲役1年6月を求刑した[29]。10月26日、判決公判で秋本昌彦裁判官は懲役1年6月執行猶予4年の有罪判決を言い渡した[3]。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

部落解放同盟ってなぜ差別は実際は撤退しつつあるのにいまだに部落差別があるとか…


立花れん/閲覧:862回/回答:7回
部落解放同盟ってなぜ差別は実際は撤退しつつあるのにいまだに部落差別があるとか訳のわからないことを言っているのですか?
むしろあんたらの訳のわからない活動が部落差別をまた世の中に拡散しているんでしょうが!と私はガツンといってやりたいです。
本当に頭逝っちゃってますよ部落解放同盟とかいう組織は・・・・
なぜ自分たちが差別を世の中に増やしていると気づかないんですかね・・・・


ベストアンサー


実にかんたん。
解放同盟には「専従」といって、そこで働いて給料をもらっている者が多数いる。
差別がなくなったら、解放同盟は解散することになるし、勤めている人間はクビになる。
だから、自分の給料を守るために≪差別は永遠になくならない、なくなってはいけない≫と主張するのだよ。
差別を自作自演で作り出して、糾弾して利権・特権を守ろうとしているのである。
証拠を挙げておく。
下記事件の犯人をいまだに解放同盟は擁護している。
立花町連続差別ハガキ事件 – Wikipedia
概要-発端-犯行のエスカレート-社会問題に発展
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 立花町連続差別 ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、2003年から約5年間 にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で発生し…
ja.wikipedia.org/wiki/立花町連続差別ハガキ事件
asahi.com(朝日新聞社):嘱託職員「中傷」は自作自演 「解雇されぬため」
2009年7月8日7時25分
同和地区の出身者を中傷するはがきを送りつけられたとうそをついて役所の業務を妨害したとして、福岡県警は7日、同県立花町の嘱託職員の男(52)を偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。男の自宅や職場などには約5年間にわたって差別的内容のはがきなどが計44通届いたといい、町や県は対策会議を設置していた。県警によると、男は「すべて自分が送った」と認めたという。
捜査1課などによると、男は07年8月、自宅にカッターナイフの刃を同封した差別的な文書を、町役場にも差別的な記述があるはがきを匿名で送り、町に対策会議を実施させるなどした疑いが持たれている。「被害者になれば町が嘱託の雇用契約を解除しにくくなると思った」という内容の供述をしているという。男はこの事件で刑事告訴していた。
この問題を重視した県は05年10月に対策会議を設置。今年3月の県議会でも取り上げられ、田中法昌・県警本部長が「鋭意捜査する」と答弁していた。
犯人を出した団体の反応
部落解放同盟 [編集]Aの逮捕を受けて2009年7月8日、部落解放同盟福岡県連合会は「『容疑者』を『犯人』として断定することはできませんし、今回の事例も、『自白』があるとはいえ疑問点も多く、さらに彼の『犯罪』を立証する物的証拠もまだ十分に明らかになっていません」と、
今回の犯人逮捕が冤罪である可能性をも示唆しつつ
「一部、『解放同盟の組織的なヤラセである』という誹謗中傷もあるようですが、我が県連や県内の地協・支部にいたるまで、そのような事実は一切ない」との緊急声明を発表した。
2009年7月22日には、部落解放同盟福岡県連合会の第60回定期大会が福岡市早良区で開催され、この席上で県連書記長吉岡正博は「事件は県連合会にとって重いが、ピンチをチャンスに変える取り組みを」と呼びかけた
解同高知市協「差別手紙」事件 – Wikipedia
事件の概要-参考文献-関連項目-出典
解同高知市協「差別手紙」事件(かいどうこうちしきょうさべつてがみじけん)とは、1994 年1月7日、部落解放同盟高知市連絡協議会(解同高知市協)に同和地区住民と朝鮮人 への中傷文書が送られた事件。後に関係者による自作自演と判明した。
ja.wikipedia.org/wiki/解同高知市協「差別手紙」事件
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

コイン250枚


立花れん/閲覧:11871回/回答:2回
コイン250枚
福原のソープランドでAV女優いますか?
いるとしたらどのお店でどの子が勤務してるのでしょうか?
また、同じ質問で吉原の場合はどうでしょうか?


ベストアンサー


吉原の場合
あうん在籍のAV嬢
青井マリ(あおいまり)
アカデミー在籍のAV嬢
小春(こはる)
夏川未来(なつかわみく)
アメリカンチアガール在籍のAV嬢
春日井あやの(かすがいあやの)
一力茶屋在籍のAV嬢
柚月ひかる(ゆづきひかる)
ヴィーナス在籍のAV嬢
相田杏樹(あいだあんじゅ)
北嶋クリス(きたじまくりす)
王室在籍のAV嬢
北園梓(きたぞのあずさ)
大奥在籍のAV嬢
秋川良枝(あきかわよしえ)
北泉奈々(きたいずみなな)
オートクチュール在籍のAV嬢
ASUKA(あすか)
天野小雪(あまのこゆき)
糸矢めい(いとやめい)
北川優(きたがわゆう)
椎奈つばめ(しいなつばめ)
鈴夏ゆらん(すずかゆらん)
松井はるか(まついはるか)
美咲アリア(みさきありあ)
水樹りょう(みずきりょう)
オリーブハウス在籍のAV嬢
相田杏樹(あいだあんじゅ)
北嶋クリス(きたじまくりす)
カモミール在籍のAV嬢
熊田ありさ(くまだありさ)
新堂有望(しんどうゆみ)
貴公子在籍のAV嬢
岸川ひろみ(きしかわひろみ)
キングスクラブ在籍のAV嬢
井上和希(いのうえかずき)
CUTE在籍のAV嬢
月野琴美(つきのことみ)
クラブオアシス在籍のAV嬢
北沢なつ(きたざわなつ)
クラブパリ在籍のAV嬢
ささきふう香(ささきふうか)
club夢在籍のAV嬢
夏乃恵(なつのめぐみ)
山口奈津美(やまぐちなつみ)
迎賓館在籍のAV嬢
姫乃瞳(ひめのひとみ)
コートダジュール在籍のAV嬢
柊早矢(ひいらぎはや)
美咲ゆりあ(みさきゆりあ)
吉川あゆみ(よしかわあゆみ)
石榴在籍のAV嬢
うるるまみ(うるるまみ)
喜多村麻衣(きたむらまい)
JJクラブ在籍のAV嬢
坂田美影(さかたみかげ)
シャトーペトリュス在籍のAV嬢
北澤瞳(きたざわひとみ)
志村玲子(しむられいこ)
竹井ゆかり(たけいゆかり)
冨田じゅん(とみたじゅん)
嬢王蜂在籍のAV嬢
苺みるく(いちごみるく)
粋蓮在籍のAV嬢
葵えり(あおいえり)
千春(ちはる)
直美めい(なおみめい)
セリアオペラ在籍のAV嬢
若林ひかる(わかばやしひかる)
若林由香梨(わかばやしゆかり)
ソレイユ在籍のAV嬢
愛音麻友(あいねまゆ)
渋沢れん(しぶさわれん)
そらのゆめ(そらのゆめ)
夏川るい(なつかわるい)
夏希アンジュ(なつきあんじゅ)
東尾真子(ひがしおまこ)
間宮ココ(まみやここ)
宮村恋(みやむらこい)
山梨ゆず(やまなしゆず)
多恋人倶楽部在籍のAV嬢
櫻井夕樹(さくらいゆうき)
ティアラ在籍のAV嬢
愛田るか(あいだるか)
青木のあ(あおきのあ)
片桐なお(かたぎりなお)
沢口みき(さわぐちみき)
篠原五月(しのはらさつき)
鈴森麻衣(すずもりまい)
水川えみり(みずかわえみり)
ドンキホーテ在籍のAV嬢
佐山新奈(さやまにいな)
立花まりあ(たちばなまりあ)
浜咲恵利(はまさきえり)
バッキンガム在籍のAV嬢
五月峰子(さつきみねこ)
友崎亜希(ともさきあき)
パピヨン在籍のAV嬢
秋本のり子(あきもとのりこ)
秘書室在籍のAV嬢
綾瀬みなみ(あやせみなみ)
和希さやか(かずきさやか)
小坂めぐる(こさかめぐる)
時田あいみ(ときたあいみ)
夏目優希(なつめゆうき)
吉原ミィナ(よしはらみいな)
白夜在籍のAV嬢
飯塚ここみ(いいづかここみ)
小鹿ルル(こじかるる)
立花結衣(たちばなゆい)
友崎りん(ともさきりん)
プリマドンナ在籍のAV嬢
品川杏奈(しながわあんな)
プレジデントクラブ在籍のAV嬢
五十嵐しのぶ(いがらししのぶ)
池永京子(いけながきょうこ)
宇佐美奈々(うさみなな)
桜田知佳子(さくらだちかこ)
芹沢かも(せりざわかも)
露木陽子(つゆきようこ)
橋本菜月(はしもとなつき)
山口珠理(やまぐちしゅり)
マキシム東京在籍のAV嬢
大久保あおい(おおくぼあおい)
マンダリン在籍のAV嬢
倉田ゆい(くらたゆい)
水無月レイラ(みなつきれいら)
ムーランルージュ在籍のAV嬢
一色志乃(いっしきしの)
如月薫(きさらぎかおる)
後藤まみ(ごとうまみ)
竹川綾(たけがわあや)
夕月在籍のAV嬢
姫川きよは(ひめかわきよは)
ラストシーン在籍のAV嬢
折原まみ(おりはらまみ)
緋咲アンナ(ひざきあんな)
藤崎クロエ(ふじさきくろえ)
雪野ひかる(ゆきのひかる)
ラテンクォーター在籍のAV嬢
吉川ゆう(よしかわゆう)
ラブボート在籍のAV嬢
小咲みちる(こさきみちる)
平瀬りょう(ひらせりょう)
Marie(まりえ)
ランドマーク在籍のAV嬢
朝倉さやか(あさくらさやか)
甲斐ミハル(かいみはる)
黒木麻衣(くろきまい)
小泉麻由(こいずみまゆ)
こずえまき(こずえまき)
SHIHO(しほ)
鈴木かな(すずきかな)
瀬戸ひなた(せとひなた)
葉月奈穂(はづきなほ)
葉月菜穂(はづきなほ)
花野真衣(はなのまい)
藤宮櫻花(ふじみやおうか)
牧野絵里(まきのえり)
眞雪ゆん(まゆきゆん)
宮崎由麻(みやざきゆま)
宮澤ゆうな(みやざわゆうな)
森野木の実(もりのこのみ)
夢野まりあ(ゆめのまりあ)
吉川エミリー(よしかわえみりー)
ロベルタ在籍のAV嬢
後藤聖子(ごとうしょうこ)
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

京都市上京区に被差別部落はありますか?


立花れん/閲覧:7400回/回答:2回
京都市上京区に被差別部落はありますか?


ベストアンサー


日本で被差別の地域はない。
もしあるなら
それは自作自演の事件かもしれない。
部落関係者は
自分たちを差別してくれる人がいたら喜びます。
いなければ
こんな自作自演の事件を
組織的に起こします。

立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、
2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で
発生した部落差別狂言事件。
■発端[編集] 2003年12月、立花町教育委員会社会教育課に嘱託職員として勤務する被差別部落出身男性 A (部落解放同盟福岡県連合会立花支部員、同副支部長、46歳=当時)のもとに一枚の葉書が到着した。
差出人は実在しない「立花町子ども育成会」を名乗っており、葉書の文面は
「・・・」
と、Aが被差別部落出身であることを理由に辞職を迫る内容となっていた。
Aは2002年に1年更新の臨時職員として採用され、小学生対象の自然体験塾などを担当していた。
月給は14万円程度であった。
Aはまた、部落解放同盟員としては立花支部の会計を任され、副支部長の肩書きを持ち、将来の支部長候補と目されていた。
■犯行のエスカレート[編集] 2005年3月11日にはA宅が空き巣の被害を受け、部落解放同盟福岡県連合会立花支部の積立金約70万円などの金品を盗まれ、その直後に「早く辞めさせないから手を討ちましたよ」という犯行声明的な7通目の葉書(2005年3月14日消印)が届いた。
この段階で既に、連続ハガキ犯と空き巣犯はAの狂言ではないかと疑う声が部落の中に存在したため、部落解放同盟筑後地区協議会書記長の 組坂幸喜 は単刀直入に
「あの事件はあなたがしたことじゃないんかっていう話が出とるんですよ。どうなんですか」
「あなたは立花支部の会計責任者なのに、なんで大切なみんなのお金を家にまるごと置いとったんですか」
とAを問い詰めたが、Aは涙を流しながら
「してません」
と否定し、組坂はこれを信用した。
結局、Aは会計責任者として被害金額を割賦で弁償することになったが、この約束は守られず、弁償は1円たりとも実行されなかった。
この空き巣事件を受けて、2005年3月28日、立花町人権・同和教育研究協議会(町同研)が「『人権侵害・差別はがき事件』を考える!『差別を許さない』町民集会」を立花町担い手研修センターで開催。この会の席上でAは
「みなさんのこの怒りが大きなうねりとなって犯人に届くことを願っています」
「不安と怒りの日び。だんだんとエスカレートし、実際に私の家に空き巣が入った流れを見ると、身辺に危害が加えられてきており、子どもへ危害がおよばないかが、いま一番心配で不安でいっぱいです」
「差別は命をも奪いかねません。
何も手だてしないことは、差別にじっと我慢していなさい、差別を受けたら死になさいということになる。
正しいことを伝え、これはおかしいよという立ちあがりをつなげるなかで、真に差別がなくなることを願う。
みなさんの怒りの行動が、熱として光として力になる。
1人でも多くの人をつなげ、部落差別を、あらゆる差別をなくしていこうではありませんか」
と発言し、差別をやめるよう町民に訴えた。
このころ、部落解放同盟関係者や立花町の役場の担当者や隣保館関係者を交えた対策会議の席上で、Aは「空き巣犯とハガキ犯は同一人物」という推理を展開した。
このとき会議の出席者は誰もがAを強く疑ったが、じっと黙っていたという。
■社会問題に発展[編集] 2005年6月11日には部落解放同盟筑後地区協議会が立花町隣保館で学習会を開催。
この会の席上、Aは
「ハガキが届いたときから家族のことや、職場をいつ解雇になるのか不安だった。
今は、地域の人や地協の同盟員に励まされ立ち直った。犯人には怒りを感じ、見つかったら強く抗議したい」
と語った。
部落解放同盟福岡県連合会は2005年8月22日、県連委員長松本龍を本部長、県連書記長吉岡正博を事務局長とする「立花町連続差別ハガキ事件糾弾闘争本部」を設置すると共に「人権侵害救済法」制定の必要性を強く訴えた。
福岡県も2005年10月、法務局や県関係機関などで構成する「福岡県立花町差別はがき事件対策会議」を設置し、県を挙げてこの事件の解決に取り組んだ。
(中略)
■急転直下[編集] ところが捜査の進展に伴い、これらの葉書や封書の差出人はA自身ではないかとの疑いが強まり、Aに対する厳しい取り調べが連日深夜まで行われるようになった。
このため、部落解放同盟中央本部執行委員長の 組坂繁之 は
「警察は狭山に続いてA君を冤罪被害者にするつもりか。けしからん」
と激怒し、部落解放同盟の顧問弁護士に助けを求めた。
2009年7月7日、福岡県警はAを偽計業務妨害の容疑で逮捕した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E7%94%BA%E9%80%A3%E…
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

熊本県出身のキャラといえば誰ですか?


立花れん/閲覧:148回/回答:4回
熊本県出身のキャラといえば誰ですか?


ベストアンサー


小山よし治 (クレヨンしんちゃん)・・・阿蘇市出身
星宮エイジ (ビッグオーダー)・・・天草市出身
天草 (ラストイニング)・・・天草市出身
バカボンのパパ (天才バカボン)・・・菊池市出身
青葉弾道 (DAN DOH!!)・・・熊本市出身
近衛刀太 (UQ HOLDER!) ・・・阿蘇郡
山崎奨 (宇宙戦艦ヤマトシリーズ)
磯野拓郎 (俺たちのフィールド)
左門豊作 (巨人の星)
アマビエ (ゲゲゲの鬼太郎)
大沼秋一郎 (咲-Saki-)
本上博史 (ストッパー毒島)
坂本耕作 (ストップ!! ひばりくん!)
大丸大吉(テニスの王子様)
生駒玲司 (なぎさMe公認)
猛虎哮 (バチバチ)
ウタマル (ブシドーブレード)
笑空 (魔法少女大戦)
有働大吾 (六三四の剣)
ヒトデ男 (YAIBA)
伊東伊衛郎 (RED)
小山ひさえ (クレヨンしんちゃん)・・・阿蘇市出身
小山まさえ (〃)・・・阿蘇市出身
小山むさえ (〃)・・・阿蘇市出身
野原みさえ (〃)・・・阿蘇市出身
逸見エリカ (ガールズ&パンツァー)・・・熊本市出身
西住まほ (〃)・・・熊本市出身
西住みほ (〃)・・・熊本市出身
海老原菜帆 (アイドルマスターシンデレラガールズ)
神崎蘭子 (〃)
小日向美穂 (〃)
乙部のりえ (ガラスの仮面)
立花彩香 (女帝)
守宮ちまき (7SEEDS)
リンナ・ヤマザキ (バブルガムクライシス TOKYO 2040)
羽瀬川小鳩 (僕は友達が少ない)・・・九州育ちで熊本弁
れん (魔法少女大戦)
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

大きな事件、知っておくべき事件について


立花れん/閲覧:549回/回答:2回
大きな事件、知っておくべき事件について
年間レポートで大きな事件や、
知っておくべき事件などをまとめようと思っています
有名どころで「切り裂くジャック」の件を上げるつもりです
いろんな方のそれを参考にしたく思うので
「日本」と「世界」で起こった大きな事件や、知っておくべき事件、
印象に残っている事件、書籍化等した事件などを教えて下さい
よろしくお願い致します


ベストアンサー


以下のものは
日本人が知っておくべき大ニュースです。

■北朝鮮タンクローリー不正輸出事件
(きたちょうせんタンクローリーふせいゆしゅつじけん)とは、2009年5月19日に弾道ミサイルの移動式発射台などに転用可能な[1]大型タンクローリーを不正に北朝鮮に輸出したとして、兵庫県警察本部外事課が、京都府舞鶴市の中古車販売会社「盛田忠雄」[2]社長の韓国籍のXを、外国為替及び外国貿易法違反で逮捕した事件。
輸出の認められるホワイト国経由の北朝鮮向けの不正輸出の摘発は全国初の事件とされている[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%82%BF%E…
■部落解放同盟が自作自演の差別事件を作って人権擁護法案の実現を強引に図った事件↓
立花町連続差別ハガキ事件(たちばなまちれんぞくさべつハガキじけん)は、2003年から約5年間にわたり福岡県八女郡立花町(現・八女市立花町)で発生した部落差別狂言事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E7%94%BA%E9%80%A3%E…
■中央大学教授刺殺事件(ちゅうおうだいがくきょうじゅしさつじけん)とは2009年1月14日に中央大学で発生した殺人事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E…
■舞鶴高1女子殺害事件(まいづるこういちじょしさつがいじけん)とは2008年5月に京都府舞鶴市で発生した殺人事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E9%B6%B4%E5%A5%B3%E5%AD%90%E…
■部落解放同盟が闇の世界で暴力団・ヤクザとつながってる事件↓
飛鳥会事件(あすかかいじけん)とは2006年、部落解放同盟の支部長を兼任する財団法人飛鳥会理事長が業務上横領と詐欺で大阪府警に逮捕された事件。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E…
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽